国民病

むらさき色の薬

花粉症は、日本人の国民病といっても過言ではありません。ある統計によると、日本人の4人に1人が花粉症を発症しています。そして、花粉症患者はここ10年間で約10パーセントも増加しています。さらには、その数は今後も増加する可能性があるといわれています。 そもそも花粉症とは、スギなどの植物の花粉が原因でアレルギー症状を起こす病気です。その特徴的な症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、充血が見られます。 花粉症の特徴は、去年まで何もなかったのにいきなり発症することです。花粉症というのは、花粉を吸い続けると発症してしまうからです。抗原となる花粉が、体に吸い込まれ続けた結果、免疫グロブリンが揃うことで発病します。よって、誰にでも起こりうる病気といえます。

花粉症対策として有効とされる食べ物に、ヨーグルトがあります。ヨーグルトには、たくさんの乳酸菌が含まれているからです。乳酸菌の力で腸内環境が改善されることで、免疫力が高まります。その結果、花粉によるアレルギー症状が緩和されます。 花粉症対策に効果的なヨーグルトですが、実は食べる際には注意点があります。それは、ヨーグルトを食べたからといって、数日で花粉症が改善されるわけではないことです。花粉症対策のためには、ヨーグルトを継続して食べ続けなければいけません。ほとんどの方は、花粉症の時期だけにヨーグルトを食べます。しかし、それでは花粉症対策の効果がありません。 花粉症対策のためには、症状が出る一か月くらい前から毎日継続して摂る必要があります。毎日ヨーグルトを200gぐらいを食べることで、症状が緩和されます。